小田野城
おだのじょう

所在地:東京都八王子市西寺方町
最終更新日:2017.7.19

<2017.7.19記>
小田野城はある意味奇跡のお城です。道路工事で開削される寸前まで行きながら、事前調査のための発掘によって馬出し状の遺構が現れ、「首都圏に残る貴重な戦国城郭」として保存が決まり、道路はお城の下をトンネルで潜ることになったばかりでなく、八王子城の支城(附=つけたり)として国史跡にも追加指定されました。当時の関係者の方には本当に頭が下がる思いです。
八王子の北条氏照の家臣の一人に小田野源太左衛門という人物が存在します。小田野城は八王子城が築城された天正15(1587)年前後に、八王子城とほぼ同時に築城されたと考えられているようです。それが事実であれば、文字通り八王子城の支城として八王子城と運命を共にしたということになるのでしょう。残念ながら主郭部分は後世に相当改変されたらしく、一番お城らしい遺構を残すのは、皮肉にもこのお城の保存を決定づけた馬出し状遺構くらいという状況です。
Data
ランク 国史跡
土塁
創築:天正15(1587)年、小田野源太左衛門
小田野氏
小田野城そのものは「トンネルの上」にありますからすぐわかるのですが、初めて行く方には案外わかりにくいと思います(私も迷いました)。
都道62号線を北上して八王子霊園を過ぎて、「タウン入口」の交差点で右折してすぐ左折、更に左折して突き当たったところの公園に、小田野城に繋がる散歩道の入り口がついています。バスで行く場合にも「タウン入口」で下車すればすぐ小田野城です。

小田野城フォトギャラリー





inserted by FC2 system