常陸太田城
ひたちおおたじょう



所在地:茨城県常陸太田市
最終更新日:2017.7.24

   
<2017.7.24記>
佐竹氏全盛期の本城であったはずなのに、現在の常陸太田城は太田小学校や太田高校、それに住宅地に埋もれて、かつての威容を偲ぶよすがもありません。新羅三郎以来の名門の御館としても、常陸守護館としても、はたまた数多くの内紛を経てきた本城であったことを考えても、その構えは豪壮であり、かつ要害であったことは間違いないと思うのですが。
折しも茨木名産のタバコが徐々にその居場所を失いつつある中で、かつて太田城の一角を占拠していた専売公社の工場敷地もただの草原へと姿を変えました。人々の生活スタイルが町の中心部からロードサイドへと移行し、町の空洞化が懸念される今こそ、常陸太田市はその中心にあったはずの太田城を本格的に調査して、大友氏館や大内氏館、三宅御土居などと同じように武家居館としての旧状を取り戻す努力をしてみてはいかがでしょうか。そんなことができるのは、町のど真ん中が空洞になっている今しかないはずなのです。
ランク -
土塁
創築:天仁2(1109)年、藤原通延
佐竹氏
アクセス 太田小学校が常陸太田城の主郭です。従ってカーナビも太田小学校にセットすれば問題ないのですが、太田小学校周辺には駐車場がありません。道幅も狭いので短時間の路上駐車も難しいでしょう。常陸太田駅周辺に車を停めて、常陸太田城の立つ場所と周辺との高低差を確かめながら、その立地の確かさを検証するのが良いと思います。





inserted by FC2 system