久米城
くめじょう



所在地:茨城県常陸太田市久米町
最終更新日:2017.8.13

   
<2017.8.13記>
このお城は、写真ではその迫力がうまく伝わりません。個々のパーツが技巧的なわけでもなく、目もくらむような堀切があるわけでもなく。
ただ城内の鹿島神社に向かう道筋で鹿島神社の拝殿を見上げると、「うわ」とやられた気分になるのは間違いなく、鹿島神社を過ぎたその先に「真の主郭」があると知ってもう一度「うわ」となるのも間違いないでしょう。土塁や堀切に頼るのではなく、高低差と切岸を巧みに用いて攻め手に威圧を与える縄張りの妙は、激戦区の常陸にあって「名城」の称号を勝ち取るに相応し一要素でしょう。
お城は主郭のある「東の城」と、土塁と堀切とで並列直線的に曲輪を配する「西の城」、それに細尾根を挟んで出城的な役割を有する「南の城」の三区画に大別されます。東の城にはいくつかの枡形虎口が設けられていかにも主郭に相応しい風格があり、南の城には城内でここにしか見られない三日月状の横堀があります。最も技巧的と捉えられる南の城は、久米城全体の中でも最も新しい時代に属するのでは、との分析がなされています。
久米城は、佐竹北家の本拠地です。北家といえば長きに亘って佐竹氏を支えた重臣の家系であり、秋田県知事も確か北家のご出身だったかと。その北家は16世紀の始めに成立し、佐竹宗家のお屋形である常陸太田城から見て北方にあたる久米城を与えられたことで「北家」と称されることになりました。北家に与えられた役割は、佐竹宗家に敵対していた山入佐竹氏への牽制役。山入佐竹氏の本拠地であった山入城と久米城とは直線距離で6kmちょっと。この緊張感は例えようのないものがあったでしょう。
ただ、面白いことがひとつあります。久米城は南に向いて作られているんですね。もちろん推定大手その他主要な門が南側、すなわち仮想敵である山入氏から見て裏側に作られている点は明らかに山入氏を意識したものだと思うのですが、少なくとも北に向かって防御している感じはありません。佐竹宗家と山入佐竹家は、長い目で見れば相応の敵対関係にあったわけですが、平時は(少なくとも表向きは)お互いに挨拶も交わす間柄だったのではないでしょうか。久米城の構造を見ていると、そんなことを感じてしまいます。
ランク -
土塁、堀
創築:15世紀、佐竹氏
佐竹(北)氏
アクセス 久米郵便局の北、と覚えておいて、久米郵便局にカーナビをセットするのがよいと思います。久米郵便局前を北進すると、久米城駐車場への道が左側に見えてきます。
駐車場は未舗装ですが明確に久米城来訪者用に整備されたもので、城内の整備状況も含め、久米城保存会の皆様の手厚い管理には頭が下がります。城内も至る所に案内板があり、非常に見学し易くなっています。

久米城フォトギャラリー






inserted by FC2 system