滝沢城
たきざわじょう



所在地:秋田県由利本荘市
最終更新日:2017.4.13 

   
<2017.4.13記>
矢島城からにかほ市へと向かう途中、なんとなく国道沿いに走っていれば滝沢城に辿り着けるものと錯覚していて、通り過ぎてしばらくしてから通り過ぎたことに気づき、慌てて戻って滝沢城へと立ち寄りました。
現地は、うん。まあ、何もないという状態に近いです。小学校が建っていた頃の方が風景も生き生きしていたことでしょう。今では校舎も取り壊されて、荒れ地と化した校庭に石碑がぽつんと立つばかり。わずかにかつての校門の前に残る水堀だけが、そこにお城が存在していたことを現在に伝えているばかりです。
滝沢城は由利十二頭の一人、滝沢氏のお城です。といっても滝沢氏歴代の居城ではなく、近隣の矢島氏に追いやられていた滝沢政道が最上氏に属して滝沢に返り咲き、慶長8(1603)年に新たに築いたお城です。その後、最上氏の改易とともに滝沢氏も滝沢城を離れ、滝沢城は廃城となりますが、その間わずか19年。陪臣とはいえ大名クラスのお城として築かれながら、実に短命でした。
ランク -
土塁、堀
創築:慶長8(1603)年、滝沢政道
滝沢氏
アクセス
カーナビは由利本荘市役所由利総合支所にセット。県道293号線を南下して右に支所を見たらそのまま南進すると、やがて左側に水堀跡が現れるはず。
車はかつての学校正門前に停められます。


 滝沢城フォトギャラリー   





inserted by FC2 system