「特別史跡のお城」

初稿公開日:2013.2.11

日本国内で特別史跡に指定された「お城」は、いくつあるのでしょうか。
文化庁の文化遺産オンラインで拾い出してみると、全国に散らばる特別史跡は、その数合わせて61件。
そもそも特別史跡に指定されている史跡自体が案外と少ないという事実に、まずは驚かされます。

いきなりの脱線で恐縮ですが、私の郷里・静岡の、しかも自宅からほど近い場所には「特別史跡・登呂遺跡」が存在します。下手すると自宅の地下からも水田跡が発掘されるんじゃないか、という場所で生まれ育った立場からすれば、「特別」と言いながらも特別史跡ってのは結構ごろごろしているのではないかと思っていました。子供の頃に訪ねた大坂城や姫路城、名古屋城にも決まって「特別史跡」と書いてありましたし・・・

では、61件のうちのどこまでがお城なのでしょう。
文化遺産オンラインには検索キーがついていて、「城跡」というキーで検索すると、13件という数字が弾き出されます。が、これは登録上「城跡」となっている「お城」の数。この検索キーでは例えば「一乗谷」のような、中世城館を含む史跡は拾えません。また、堂々と100名城の仲間入りをしている吉野ヶ里遺跡も、登録上は「城跡」ではなく「集落」ですから、これまた検索の網にはかかりません。
結局、ひとつひとつの史跡のコメントを眺めながら、自分なりに選定基準を作って「お城」を選り分けるしかありません。

今回、選り分けるにあたって気を付けたのは、以下の点。

【お城に含めるもの】環濠集落、古代城柵、防衛線、武家館、陣屋、台場
【お城に含めないもの】宮殿、官衙、貴族館、寺院、関所、陣、古戦場

これ、意外と難しいです。平城京はお城ではなく、原の辻遺跡はお城になってしまいますから。でも原の辻遺跡と吉野ヶ里遺跡は同じ性格を持った環濠集落ですし、一方平城京みたいな都城を入れてしまうと、「なんとか京」を全て拾っていかなければならなくなりますので。。ぶつぶつ。
ということで、基準の選定自体に大いに迷いながらも選び出したのが以下の17件。

特別史跡の城館一覧(指定日順)   
史跡名 城館名 都道府県 指定日
水城跡 水城 福岡 1921/3/3
五稜郭跡 五稜郭 北海道 1922/10/12
多賀城跡 附 寺跡 多賀城 宮城 1922/10/12
安土城跡 安土城 滋賀 1926/10/20
名護屋城跡並陣跡 名護屋城 佐賀 1926/11/4
姫路城跡 姫路城 兵庫 1928/9/20
一乗谷朝倉氏遺跡 一乗谷城 福井 1930/7/8
大野城跡 大野城 福岡 1932/7/23
名古屋城跡 名古屋城 愛知 1932/12/12
熊本城跡 熊本城 熊本 1933/2/28
基肄(椽)城跡 基肄城 福岡 1937/12/21
彦根城跡 彦根城 滋賀 1951/6/9
大坂城跡 大坂城 大阪 1953/3/31
江戸城跡 江戸城 東京 1960/5/20
金田城跡 金田城 長崎 1982/3/23
吉野ヶ里遺跡 吉野ヶ里遺跡 佐賀 1990/5/19
原の辻遺跡 原の辻遺跡 長崎 1997/9/2

いかがでしょう。61件中の17件、意外と多いと見るか、少ないと見るか。
環濠集落の2件(吉野ヶ里、原の辻)も含め、古代の城館(多賀城、大野城、水城、基肄城、金田城)が意外と多いのに気づきます。これで7件。
熊本、名古屋、姫路といった代表的名城、江戸、大坂、安土といった天下人のお城も順当ですね。
彦根城はさすがの国宝です。ここまでで14件。
残る3件は、中世の街並みもろともに土中に封印された一乗谷朝倉氏遺跡、歴史的一大エポックメイキングな名護屋城、更には日本城郭の突然変異とでも呼ぶべき五稜郭。これで17件ということになります。
選ばれているお城はさすがのものばかりで、なるほと頷かされますが、彦根城や姫路城と同じ国宝でも二条城、松本城、犬山城は特別史跡ではないんですね。これは意外です。

同じ考え方で、国指定史跡についても調べてみたいと思います。しかしこちらの母集団は何しろ1600以上。でもいつかはやってみたいと思っていたので、頑張って取り組んでみたいと思います(気長にお待ちくださいね)。






inserted by FC2 system